2012年10月09日

熊野本宮大社ピンクライトアップ 大鳥居

熊野本宮大社ピンクライトアップは午後6時すぎから9時まで行いました。



今回は晴天に恵まれたことあり、
とてもたくさんの方が桜色にそまる大鳥居を
見上げ、撮影されていました。

「なんのイベントなん?」との質問に対し
ピンクリボン運動や乳がん検診の大切さを応えながら
啓発活動はまだまだ始まったばかりだと感じました。

ご覧になった皆様には、
桜色の大鳥居を見たことに加えて、
乳がんは早く見つけることが大事やから
マンモグラフィ検診やエコー検診をうけるんやって、
というお話をしていただきたいと思いました。

※とっても赤が強い写真に仕上がっています。
実際の色はもっと紫が強かったです♪

▼新聞報道はこちら
大鳥居、ピンクの輝き : 和歌山 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)  

Posted by ピンクリボン紀南 at 01:35Comments(0)紀南ライトアップ

2012年10月09日

熊野本宮大社ピンクライトアップ点灯式-宮司お話,いのちのうた

ピンクリボン紀南2012熊野本宮大社ピンクライトアップ、
点灯式では熊野本宮大社 九鬼家隆宮司のお話と
いのちのうたプロジェクトのみなさんとの合唱会がありました。


熊野本宮大社 九鬼家隆宮司のお話しでは、
「なぜ 大鳥居がピンクライトアップなのか」という根本的なお話がありました。

熊野川、音無川、岩田川の中州にある旧社地大斎原の形状を
すべての命の源であり女性の象徴である
子宮の形と見ることができることなど。

宮司のお立場から
女性の命を守るピンクリボン運動への理解と
大切さを皆様にお話しいただきました。


次にいのちのうたプロジェクトのみなさんによるいのちのうたの合唱。

こどもたちの自殺を防ぐため、
蘇りの聖地から世界に向けていのちの大切さを発信すべく活動している
「いのちのうたプロジェクト」は本宮町の中学生の詩が原点です。

昨年は本宮で合唱できず、今年はみなさんのボランティア協力により
一緒に本宮で「いのちのうた」を合唱することができました。


「いのちのうた」を初めて聞いた人もいたと思いますが、
最後はほとんど全員が両手を振って歌っていました。

  あなたのその両手で その笑顔で
  大切な人を支えてあげてほしい
  今しかできない事 あなたが今できることから
  何かをはじめてみようよ
  いのちみつめてみよう
  (いのちのうた 歌詞より抜粋)

乳がん検診で早期発見に努めることは
私にいまできること。

家族の検診受診を後押しすることも
あなたがいまできること。


みなでできることを少しずつやっていきたいですね。  

Posted by ピンクリボン紀南 at 01:21Comments(0)紀南ライトアップ

2012年10月09日

熊野本宮大社ピンクライトアップ 乳がん特別講演会

ピンクリボン紀南2012熊野本宮大社ピンクライトアップ、
メインプログラムは「乳がん特別講演会」です。


今年は乳腺外科医・粉川 庸三医師(和歌山県立医科大学第1外科講師)、
乳がん体験者・本田麻由美さん(読売新聞東京本社社会保障部記者)に
ご講演いただきました。


開演前からお待ちくださった方もいらっしゃり、
最終的には100名以上の方が講演を聞きに来られました。


粉川 庸三医師(和歌山県立医科大学第1外科講師)には
現在の乳がん検診と治療についてお話いただきました。

乳がんは種類が文字通り千差万別という特徴があります。

治療も人それぞれであることを念頭において
焦らずに最適な治療方針を決めていきましょうというお話は
がんが見つかった時に大切な道しるべになると思いました。


本田麻由美さん(読売新聞東京本社社会保障部記者)には
ご自身の乳がん体験をお話しいただきました。

2002年春に乳がんが見つかってから、12年。
ついこの前の8月まで治療を継続されていた本田さんは
現役の新聞記者としてお仕事もされています。

白黒つけにくい乳がん診断、治療決定への葛藤。
乳がんに対する気持ちの持ち方や周囲の人とのかかわり方の変化などを
穏やかに、笑いを交えながら話してくださいました。


女性の来場者の方は特に共感することも多かった様子で
真剣な面持ちで頷きながら話を聞いていました。

事実、結論も大切ですが、時に立ち止まり
ただ、「そうよね」とうなずいてくれる人の存在が
力をくれることもあるのだと改めて思いました。


粉川先生、本田さん、お忙しいところ
貴重なお話をありがとうございました。

会場の皆様にはぜひ、今日のお話を通して
ピンクリボンの和(輪)を広めてください!  

Posted by ピンクリボン紀南 at 00:56Comments(0)紀南ライトアップ

2012年10月09日

熊野本宮大社ピンクライトアップ 熊野古道リ・ボーンウォーク

ピンクリボン紀南2012熊野本宮大社ピンクライトアップ、
最初のプログラムは熊野古道リ・ボーンウォークでした。

ポスターを見たり知人から聞いたりホームページを見た方、
そしてスタッフも含め総勢20名が参加。
賑やかでアットホームな熊野古道ウォークとなりました。

修復工事中の世界遺産 熊野本宮館前で集合し、
発心門王子へはバスで移動。
熊野本宮大社ピンクライトアップ 熊野古道リ・ボーンウォーク
絶好の行楽日和、三連休の中日とあって
他にもたくさんの方がいらっしゃいました。


出発地点の発心門王子にて
語り部・番留さんを中心に全員でストレッチ。
熊野本宮大社ピンクライトアップ 熊野古道リ・ボーンウォーク

蘇りの聖地 熊野本宮をめざして
7.5キロの熊野古道リ・ボーンウォークへ。

語り部さんからは熊野古道にまつわる
過去の熊野詣での様子や地元の方々の活動などの説明をうけます。
写真は、中辺路、小辺路、大辺路といったルート紹介の様子。

今回のウォーク参加者は女性を中心に、さりげなくピンクアイテムを身につけたり
お手製のピンクアイテムを参加者にふるまってくださる方もあったり、
ピンクリボン運動らしい楽しみもあり♪

次回も皆さんと一緒に歩けることができれば
「ピンクのものを見につけて歩こう!」と事前に呼びかけて
今年以上に一体感をだせるものにしたいと思いました。


乳がん検診は病気にかかわるもので
楽しく受けられるものではないと思います。

だからイベントで色んな人と想いを共にし、
早期発見に取り組もうと思うことも
検診受診のきっかけになるのではと思います。


熊野本宮大社ピンクライトアップ 熊野古道リ・ボーンウォーク

熊野本宮大社の社殿があった大斎原にゴールし、
完歩証明の木札を観光協会でもらったら、
みなで記念撮影!ピンクピンク☆

熊野本宮大社ピンクライトアップ 熊野古道リ・ボーンウォーク
それぞれに秘めた思いを叶えるための元気を
熊野で充電していただけたのではないかと思います。

みなさん、お疲れさまでした!  

Posted by ピンクリボン紀南 at 00:15Comments(0)紀南ライトアップ

2012年10月08日

10/7 熊野本宮大社ピンクライトアップ 総括

10月7日日曜日 熊野本宮にて
ピンクリボン紀南2012熊野本宮大社ピンクライトアップ
を実施しました。

ピンクリボン紀南2012熊野本宮大社ピンクライトアップのポスター

午前中に熊野古道リ・ボーンウォーク
午後から乳がん特別講演会(粉川庸三医師、本田麻由美さん)、
点灯式(九鬼家隆宮司、いのちのうた実行委員会)
大鳥居ピンクライトアップ

たくさんの皆様にご来場いただき、
無事、成功裏に終わることができました。

2010年、2011年と天候に悩まされてきましたが、
今年は見事、快晴の元で全プログラムを行うことができ、
スタッフ一同、感慨深い気持ちです。

ご来場の皆さま、遠方より想いを馳せてくださった皆さま、
ご協力いただいた多くの方々に心より御礼申し上げます。

そして、イベントへの感想などを通じて、
ご自身やご家族のがん検診受診、
周囲の方へがん検診は早く受けようということを
広めていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

>次記事「熊野古道リ・ボーンウォーク
  

Posted by ピンクリボン紀南 at 23:48Comments(0)紀南ライトアップ