2010年12月26日

いのちのうた大合唱に皆で参加(2010年12月26日)

昨年12月に紹介させていただいた「いのちのうた」プロジェクト。
子供たちの自殺をなくそう、という趣旨の活動で、
和歌山県田辺市出身の俳優・小西博之さんを中心発足しました。

ピンクリボン紀南が「いのちのうた」プロジェクトに賛同したきっかけは、
田辺市生涯学習フェスティバル。

同イベントのピンクリボンブースに参加したスタッフSさんが
「いのちのうた」を作詞作曲した古家学さんの歌や想いに共感。

「同じ地域で始まった、同じ命を守る活動」だからこそ
協力しようよ、ということになりました。

といっても、私たちスタッフに協力できることは微々たること。
いのちのうた大合唱に時間のあるスタッフが友達をさそいもって
会場で一緒にいのちのうたを歌うことになりました。

いのちのうた大合唱

会場には多くの人が参加していました。
合唱は、何回したかなあ。

ピンクリボンスタッフも色んな思いがめぐって、涙涙。
最初は聴くので精いっぱいでした。

でも何度も何度も一緒に歌って、
見よう見まねで手話でも歌って。

いのちは大切。
いのちを守る努力をみんなでやっていこう。

私たちも、少しでも早くに乳がんを見つけ、
納得して医療を受けてもらえるよう頑張っていこうと思いました。


小西さんが時折ジョークを交えながら、
会場が「わっ」と笑いに包まれることが多々ありました。

その笑顔を守るための活動を繋いでいきたいと思いました。


  

Posted by ピンクリボン紀南 at 23:00Comments(0)スタッフ日記