2010年10月28日

USAGIさんの和太鼓@熊野ピンクライトアップイベント

ピンクリボン月間があと4日で終わります。
熊野本宮大社ピンクライトアップイベントが終わってからは25日が過ぎました。

10月3日はあいにくの雨で、参加を見送った方も多かったようです。
御挨拶まわりで、そんな話をよく耳にします。


そこで今日は当日の点灯式での演奏の一部を紹介します。
(※動画でご覧いただけます。)

点灯式冒頭で演奏して下さった
女性だけの和太鼓グループ「USAGI」。

独自の打法とエネルギッシュで躍動的な演奏が魅力。
1曲目の演奏は「caravan」です。

▼USAGI / caravan @熊野本宮館



点灯と同時に演奏して下さったのはUSAGIさん2曲目「blakey」。
見事な舞で和太鼓とコラボしてくださったのは舞踏家・岡 佐和香さんです。

▼USAGI / blakey @ 熊野本宮館



※その他のUSAGIさんの和太鼓演奏はこちら!

  

Posted by ピンクリボン紀南 at 12:46Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月23日

御礼とご報告まわり

熊野本宮大社ライトアップイベントが終了して12日が過ぎました。

紀南支部では、スタッフによる反省会を行うとともに、
イベントにご協力くださった方々へのお礼とご報告まわりをしています。
(遠方の方へはお礼状・レポートを送付させていただきました。)

大鳥居ライトアップや講演会、ウォークイベントが
新聞やテレビで報道していただいたおかげで
多くの方が、思いのほかイベントについて詳しくご存じでした。

「見に行きたかったよー。どうだった?」
「成功おめでとう!これからもがんばって。」
「おつかれさん。これからもがんばりーやー」
という声をいただく一方で、
イベント当日にもっとこうしてほしかった、というご意見のほか、
「実際に検診に行ってもらうために今後どうしていくのか?」
といった活動全体に対する問いも、率直にいただいています。


2010年熊野本宮大社ピンクライトアップは
和歌山県南部で初めてのピンクリボンイベントでした。

そのため、「まずピンクリボン運動の存在を知ってもらい、
参加してもらうこと」という課題を持ってのぞみました。

幸いなことに、当初の予定より多くの方々が
熊野のピンクライトアップを知ってくださり、
「ピンクリボン運動」について話す基礎を作れたと感じています。

今後はブースによる啓発などを通じて
「大鳥居のピンクは、乳がんを早く見つけようという意味。
 乳がんは検診を受けて自己触診して早く見つけたら約90%以上が治るから、
 習慣にしていこう。」
と中身を伝えていきたいと思っています。

今後のブース予定

  • 11月2日 すみせい(住友生命)チャリティーコンサートTONPEI Live in 田辺にブース出展

  • 11月6日  北出病院(御坊市)にブース出展

  • 11月19-21日   第49回日本臨床細胞学会秋季大会にブース出展

  • 11月21日  田辺市 生涯学習フェスティバルにブース出展


(※詳しくはピンクリボン紀南ホームページで。)


  

Posted by ピンクリボン紀南 at 01:10Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月15日

熊野本宮大社さんによるご協力

熊野本宮大社さんが大鳥居のピンクライトアップ協力のほか、
以下の2点でもピンクリボンin熊野にご協力くださっています。

ik_14桜色の手鏡 無料配布

九鬼家隆宮司が「澄んだ想いで自分を見つめなおしてほしい」と
手鏡を配布される様子がNHK和歌山放送で放送されました(10月6日放送)。

配布される桜色の手鏡には、わかりやすい説明書がついています。

大鳥居のある旧社地 大斎原が三本の川の中州という形状から子宮を象徴し、
ゆえに、「出発の再生の聖地」(説明書より)とされてきたこと。

ピンクリボン運動は乳がん早期発見・検診受診啓発を通じて
女性の生命や健康を守る活動であることから、
大鳥居のピンクライトアップにご協力くださったこと。

そういった、桜色の手鏡の持つ意味や想いがつづられています。


配布場所は、熊野本宮大社境内です。限定1000個です。
10月3日から配布されていますので、お立ち寄りの際はお早めに。
 
 

ik_14桜色のみちびきおみくじ

愛らしい八咫烏(やたがらす)をかたどったおみくじはご存知ですか?

「みちびきおみくじ」といって、大吉や凶がないおみくじです。
私たちが心にとどめるべき言葉が書かれてあるおみくじで、
運試しとは違った、まさにみちびき、となるおみくじです。

ピンクリボン運動・協力バージョンは
おみくじの紙が「桜色(ぴんく色)」で、桜色の紐が目印です。
※通常は紙は白、紐は赤色です。


みちびきおみくじは境内のテントで手に入ります。
私はとても嬉しい言葉を引き当てました。

みちびきおみくじも限定1000個。
こちらも10月3日からですのでお立ち寄りの際はお早めに。


熊野本宮大社様のご協力に、心より感謝いたします。  

Posted by ピンクリボン紀南 at 15:27Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月12日

熊野本宮大社ピンクライトアップ アンコールライトアップ終了

ピンクリボン運動in和歌山2010紀南 熊野本宮大社ピンクライトアップ 後半の
アンコールライトアップが10月9日(土)、10月10日(日)に行われました。

ik_1410月9日(土)・・・アンコール初日は大雨・洪水
アンコールライトアップ初日は、あいにくの雨。

10月3日のイベント当日もこの日も大雨。
雨は過去を洗い流す。ゆえに、前向きな気持ちでいればよい、
と多くの方に声をかけられましたが複雑な気持ちでした。

ところが、夕方まで川向の山すら見えないほどだった大雨は、
ライトアップ予定時刻には小雨となり、やがて上がりました。


サーチライトを積んだアークコーポレーションの車

まさか雨が上がるとは!喜びと驚きに包まれた私たちの心は
雨が上がると同時に過去を洗い流されていました。

残ったのは

ik_14乳がんで悲しむ人を減らしたい。
ik_14笑顔を増やしたい。

という啓発への想いと感謝の気持ちだけ。


大鳥居の周囲には靄がかかり、幻想的な世界が広がっていました。
刻一刻と変化する自然と、悠然とそびえたつ大鳥居が象徴的でした。

来場者と共に、私たちスタッフもシャッターを押し、
この景色をカメラと記憶に焼きつけました。

そうやって残った記憶や写真が、
乳がんを早く見つけること、
ひいては自分や大切な人の命や健康を大事にすることを
思い出させてくれるよう願っています。


ik_1410月10日(日)・・・ライトアップ最終日は快晴
アンコールライトアップ二日目でライトアップ最終日となるこの日は
待ちに待った快晴。

予想を超える数の来場者がピンクにライトアップされた大鳥居に集いました。



家族、夫婦、恋人同士に友人グループ。
思い思いに記念撮影したり眺めたりされていました。

大鳥居がピンク色に染まったのは、
あなたとあなたの大切な人の命と健康を守るため。

    乳がん早期発見のための検診受診を受けてください。


ピンク色に染まった大鳥居が伝える思いは
ここが再出発だと前に向かう気持ち。

    もし乳がんが見つかっても前を向く力となりますように。


熊野本宮大社 大鳥居のピンクライトアップは、
生命をみつめるためのもの、
人と人の繋がりを確認するためのものです。


「はじめよう、乳がん検診。のりこえよう、乳がん。
        いっしょに、笑顔で。今から、ここから。」

ピンクリボン運動in和歌山 紀南支部は、
皆さまと一緒に、啓発運動を続けていきます。  

Posted by ピンクリボン紀南 at 18:06Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月09日

幻想的です

アンコールライトアップしています。

雨が嘘のように上がり、過去を荒い流した再生の象徴 大鳥居です。


はじめよう、乳がん検診。乗り越えよう、乳がん。
いっしょに、笑顔で。今から、ここから。
  

Posted by ピンクリボン紀南 at 19:06Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月09日

アンコールライトアップ準備完了

本宮は小雨です。
アンコールライトアップの準備が整いました。

夜8時まで点灯しています。
明日も6時から8時にアンコールライトアップします。


今日の大鳥居は背後の山に靄がかかり幻想的です。
  

Posted by ピンクリボン紀南 at 17:51Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月08日

熊野本宮大社 ピンクライトアップ(アンコール)

10月3日の熊野本宮大社ピンクライトアップから
あっという間に1週間が過ぎようとしています。

イベント関係者や参加者に、イベントの感想や意見を求めると
「雨だったけど、行ってよかった。」
「本宮を歩けて良かった。」
「ライトアップ、感動したよ。」
という声を多くいただきます。ありがたいです。

雨だったことについては、不思議なことに
「雨でいろんなことを洗い流せてよかったのでは?」
といった前向きで力強い意見ばかり耳にします。

明日、明後日も予報によると田辺市本宮町本宮は雨。しかし、
          ↓ ↓ ↓

アンコールライトアップは今週末、
10月9日(土)、10日(日)日没~午後8時まで。

雨天決行。雨でもライトアップします。

※警報、注意報時は中止判断することがあります。

皆さまもぜひ、いらしてください。  

Posted by ピンクリボン紀南 at 17:09Comments(0)紀南ライトアップ

2010年10月05日

熊野本宮大社ピンクライトアップイベント 無事終了しました

10月3日は熊野本宮大社ピンクライトアップイベントでした。

朝から雨が降りやまず「晴れてください」と何度もお願いしましたが、
結局最後まで降りやまず。

ウォーキングや点灯式イベントの実施が危ぶまれましたが、
関係者ならびにご参加くださった皆様のおかげで、
なんとか実施し、無事に終了することができました。

雨天のためご来場いただけなかった皆様には
10月9日、10日に行うアンコールライトアップを
ぜひ見に来ていただきたいと思います。

熊野リ・ボーン ウォーキング
語り部さん2人と約1時間をかけて本宮町を回ります。

傘をさしてのご参加でしたが、老若男女さまざまな方が
いっしょに歩かれ、最終目的地 熊野本宮大社では
御祈祷を受けていただくこともできました。

参加者は約40人。予想を上回る方にご参加いただき、
大変ありがたかったです。

乳がん経験者や乳がんを発見・治療する立場の方々も
かなり参加されており、まさに「繋」(サブ・テーマ)だと感じました。


ピンクリボン特別講演会
筑波メディカルセンターブレストセンター長の植野映医師が
「乳がんを発見・治療する立場から」
女優の音無美紀子さんが「乳がんを経験した立場から」
というテーマでご講演くださいました。

冒頭では真砂光敏・田辺市長にご挨拶いただきました。



多くの方がご来場くださり、開場時間を急きょ早めさせていただきました。
交通の便が悪く、また天候も悪い中、約180人もの方がご来場くださり、
会場はほぼ満席となりました。

ご来場の皆さん、ありがとうございました。

ご来場者の感想などは、現在アンケート集計中ですので、
後日報告させていただきます。

点灯式イベント
和太鼓・舞踏・お歌を予定していた点灯式イベントは
雨天のため、大鳥居下での実施は見送りました。

しかし、延期することが不可能なイベントだったため、
急きょ会場を熊野本宮会館に移して決行しました。



薄明りの中での点灯式イベントは幻想的でした。

女性だけの和太鼓グループUSAGIの
エネルギッシュな和太鼓の演奏は、
大地から心臓を突き上げるような振動を響かせ
検診受診を迷う方や病と向き合っておられる方に
大きな力を与えられたのではないかと感じました。
icon12usagi member's Blog 熊野本宮大社ピンクライトアップイベント~ピンクリボン運動in和歌山2010紀南~
icon12usagi member's Blog ありがとうございました。

雨脚が強まる中、帰ることなく一緒に点灯のカウントダウンを
してくださった多くの方々、出演者、協力者とスタッフ。
熊野本宮大社 大鳥居がピンク色に染まった瞬間に
そこにいた人たちの心が一つになったと感じました。

会場に来ることができなかった方、
点灯の瞬間に間に合わなかった方たちの想いも
感じた気がしました。


点灯と同時にスタートした和太鼓の演奏に
見事に呼応した舞は美しさの中に力強さを感じるものでした。
「乳がんになってもあきらめない、そのために人と人とが手を繋いで励まし合う」
という舞踏家・岡佐和香さんの静かに燃える確かな情熱を感じました。
icon12雨にぬれても (Sawaka's Blog)


そして最後はSeiko Lee sopranoさんの歌。
あらゆる人を優しく包み込む壮大な歌声に、
心の中のこわばった部分が解き放たれる感覚を覚えました。
歌が物語を紡ぐようにクライマックスへとすすむにつれ、
気持ちが前向きで力強くなりました。



「はじめよう、乳がん検診。のりこえよう、乳がん。
            いっしょに、笑顔で。今から、ここから。」

乳がんで悲しむ人を減らしたい、笑顔を増やしたいという思いを
ご参加、ご協力くださった多くの皆さんと一緒に
今後の活動につなげていこうと思います。


ご来場の皆さん。ご協力してくださった皆さん。
遠方から思いを馳せてくださった多くの皆さん。
一人一人がリーダーになってくれたスタッフのみんな。
そして大鳥居。

どれが欠けてもピンクリボンin熊野は実現しませんでした。
ありがとうございます&お疲れ様です。
どうぞこれからも引き続きご一緒下さい!


アンコールライトアップは今週末、
10月9日(土)、10日(日)日没~午後8時まで。

雨天決行。雨でもライトアップします。
  

Posted by ピンクリボン紀南 at 01:06Comments(0)紀南ライトアップ