2010年10月15日

熊野本宮大社さんによるご協力

熊野本宮大社さんが大鳥居のピンクライトアップ協力のほか、
以下の2点でもピンクリボンin熊野にご協力くださっています。

ik_14桜色の手鏡 無料配布

九鬼家隆宮司が「澄んだ想いで自分を見つめなおしてほしい」と
手鏡を配布される様子がNHK和歌山放送で放送されました(10月6日放送)。

配布される桜色の手鏡には、わかりやすい説明書がついています。

大鳥居のある旧社地 大斎原が三本の川の中州という形状から子宮を象徴し、
ゆえに、「出発の再生の聖地」(説明書より)とされてきたこと。

ピンクリボン運動は乳がん早期発見・検診受診啓発を通じて
女性の生命や健康を守る活動であることから、
大鳥居のピンクライトアップにご協力くださったこと。

そういった、桜色の手鏡の持つ意味や想いがつづられています。


配布場所は、熊野本宮大社境内です。限定1000個です。
10月3日から配布されていますので、お立ち寄りの際はお早めに。
 
 

ik_14桜色のみちびきおみくじ

愛らしい八咫烏(やたがらす)をかたどったおみくじはご存知ですか?

「みちびきおみくじ」といって、大吉や凶がないおみくじです。
私たちが心にとどめるべき言葉が書かれてあるおみくじで、
運試しとは違った、まさにみちびき、となるおみくじです。

ピンクリボン運動・協力バージョンは
おみくじの紙が「桜色(ぴんく色)」で、桜色の紐が目印です。
※通常は紙は白、紐は赤色です。


みちびきおみくじは境内のテントで手に入ります。
私はとても嬉しい言葉を引き当てました。

みちびきおみくじも限定1000個。
こちらも10月3日からですのでお立ち寄りの際はお早めに。


熊野本宮大社様のご協力に、心より感謝いたします。  

Posted by ピンクリボン紀南 at 15:27Comments(0)紀南ライトアップ