2010年10月12日

熊野本宮大社ピンクライトアップ アンコールライトアップ終了

ピンクリボン運動in和歌山2010紀南 熊野本宮大社ピンクライトアップ 後半の
アンコールライトアップが10月9日(土)、10月10日(日)に行われました。

ik_1410月9日(土)・・・アンコール初日は大雨・洪水
アンコールライトアップ初日は、あいにくの雨。

10月3日のイベント当日もこの日も大雨。
雨は過去を洗い流す。ゆえに、前向きな気持ちでいればよい、
と多くの方に声をかけられましたが複雑な気持ちでした。

ところが、夕方まで川向の山すら見えないほどだった大雨は、
ライトアップ予定時刻には小雨となり、やがて上がりました。


サーチライトを積んだアークコーポレーションの車

まさか雨が上がるとは!喜びと驚きに包まれた私たちの心は
雨が上がると同時に過去を洗い流されていました。

残ったのは

ik_14乳がんで悲しむ人を減らしたい。
ik_14笑顔を増やしたい。

という啓発への想いと感謝の気持ちだけ。


大鳥居の周囲には靄がかかり、幻想的な世界が広がっていました。
刻一刻と変化する自然と、悠然とそびえたつ大鳥居が象徴的でした。

来場者と共に、私たちスタッフもシャッターを押し、
この景色をカメラと記憶に焼きつけました。

そうやって残った記憶や写真が、
乳がんを早く見つけること、
ひいては自分や大切な人の命や健康を大事にすることを
思い出させてくれるよう願っています。


ik_1410月10日(日)・・・ライトアップ最終日は快晴
アンコールライトアップ二日目でライトアップ最終日となるこの日は
待ちに待った快晴。

予想を超える数の来場者がピンクにライトアップされた大鳥居に集いました。



家族、夫婦、恋人同士に友人グループ。
思い思いに記念撮影したり眺めたりされていました。

大鳥居がピンク色に染まったのは、
あなたとあなたの大切な人の命と健康を守るため。

    乳がん早期発見のための検診受診を受けてください。


ピンク色に染まった大鳥居が伝える思いは
ここが再出発だと前に向かう気持ち。

    もし乳がんが見つかっても前を向く力となりますように。


熊野本宮大社 大鳥居のピンクライトアップは、
生命をみつめるためのもの、
人と人の繋がりを確認するためのものです。


「はじめよう、乳がん検診。のりこえよう、乳がん。
        いっしょに、笑顔で。今から、ここから。」

ピンクリボン運動in和歌山 紀南支部は、
皆さまと一緒に、啓発運動を続けていきます。  

Posted by ピンクリボン紀南 at 18:06Comments(0)紀南ライトアップ